就活

理系が所属大学院を大学から変更する就活でのメリット、デメリットとは?

この記事は就活のために大学院から学部時代とは別の学校に変更しようと考えている人たちに向けて就活の観点からメリットデメリットについて書いております。俗にいう学歴ロンダリングのことですね。結論から先に申し上げると、必ず【突っ込まれる】のできちんとした理由を持っておかないといけない。です。僕は理系なので主に理系の学歴ロンダリングについて書こうと思います。

あなたは就活をうまくいかせたい点から、大学院から今いるところよりも偏差値の高い学校に院で移籍しようと考えているとします。しかし、あなたが受けようと考えている企業は履歴書を見たときに

マッキー
マッキー
あ、学部と大学院違うじゃん 。なんでやろー

と思います。必ず就活では聞かれると思っていいでしょう。

そして、その時の学校変更理由は実は一つしかないのです。それは、この研究室で研究がしたかったから。そうなると、企業志望理由もある程度絞られます。そういうメリットやデメリットについてお話します。

メリット

それでは大学院を変更するメリットについて就活の観点からお伝えします。

学歴ロンダリング

何と言ってもやはり日本の就活では学歴による人間の判断が行われています。そもそもの所属する場所によって、あらかじめ就活の難易度が調整されているのです。これは文句を言おうと、ジタバタしようと変わることのない、事実です。(もっと有名な大学に進学すればよかった)

そこで、就活の難易度を下げるのにうまく大学院から学校を変えるのは賢い手だと思います。自分の人生が豊かになりますからね。門前払いの確立は下がるでしょう。

大学院入試は簡単

一般的に大学院の入試は簡単だと言われています。大学で東大に入学するよりも、大学院で東大に入学する方が簡単な話はあまりにも有名です。研究室のへの入試なので、問題も限定的ですし、行きたい研究室に訪問をして、過去問をもらってくれば簡単に対策ができます。

学歴ロンダリングは比較的簡単に行えるでしょう。一回やってみようと思えば行動さえできればやれないことはありません。

デメリット

就活をするときには必ずその理由を聞かれますし、その答えは一通りしかありません。その研究室で研究がしたかったからしかないのです。そのことによる弊害も少しあります。

研究好きであること

研究室を移籍する理由はマイナスな理由であってはいけません。

テスラ
テスラ
会社に入ったときにこいつすぐに転職する

という想像はすぐにできてしまいます。就活ではそのイメージは悪くつくでしょう。理由は必ずプラスでなければなりません。

マッキー
マッキー
やりたい研究がそこにあったんだ

以外には存在しないのです。つまり、あなたは研究職やそれに準ずる職業を志していかなければならないです。

志望理由が限定される

さらに言うと、あなたが受ける会社も研究に何らかの関係のある会社であること、テーマがにている会社であることでないと説得力に欠けてきます。研究が好きで大学院を変更した以上、それを活かしたことが必要になるのです。

違う会社を受けるのはそれなりの説得力を持った理由を作らなければならないのです。あなたが納得できる理由ではなく、だれしも「あぁ、なるほどね、だからこの会社を受ける気になったんだ。」と思わせなければなりません。

文系での就職ではそれこそ、そのための理由がしっかりと存在しなければならないでしょう。

まとめ

俗に学歴ロンダリングといわれる研究室での学校変更はそれなりのメリット、デメリットが存在します。

それはあなたが研究好きであること、が必要になりますしそのことを使った就活が必要になります。研究室関連の職業に就くにはプラスに働くことがあります文系就職の時にはマイナスに働くことが考えられます。その時にはそれなりの納得できる理由があるのです。

マッキー
マッキー
れっつ学歴ロンダリング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です