勉強_書籍

エッセンシャル思考を読んだ感想!選択と集中!決断の勇気、日記や読書感想文の重要性。

エッセンシャル思考を読んだので、感想を述べます。
実際にこの本を読んで変えたいことは以下の点になります。【選択と集中】自分のリソースを割く場所を見極める、無駄な行動を慎む。【日記を書く】自分の時間の使い方を客観的にみることで無駄な時間を可視化することができます。【読書感想文を書く】自分の読んだ本に対して読書感想文を書く。本は実践して初めて価値を生むのです。この3つに気を付けて生きていこうと思いました。

それでは【書籍エッセンシャル思考】を読んだ感想をお伝えしたいと思います。

マッキー
マッキー
レッツ書評

1.選択と集中

この本で一番大事になるのは選択と集中です。人間の精神的なリソースは限られています。1日は24時間ですし、集中力もそこまで長くは持ちません。そこで大事になるのはやめることを決めることです。これはしない、やらないということを明確化するのです。

それによって残されたやることに人間はリソースを集中して注ぐことができます。あれもやりたい、これもやりたいの気持ちはわかりますが、集中をしないと何も大成しません。

例えばメーカーを見てみると専業のメーカーがとても多くすべてを作ってしまえるメーカーなどは存在しないのです。あの大きな車の会社TOYOTAですら、すべてのパーツを作ることはありません。

それどころか1次受けメーカー、2次受けメーカー、孫請けメーカーと呼ばれる多くの企業の連合によって一つの商品が誕生しています。TOYOTAの完成車が誕生するまでには、多くのメーカーが技術を結集した結果作られているのです。

つまり、一つのことに

極力集中することで突き抜けた商品や、ものを生み出すことができ、いい結果を得ることができるというものです。その選択と集中の為にできることを紹介していきたいと思います。

2.日記をかく

その目的は単純で自分の時間を何に使っているのか可視化することです。人間は日々を意外とぼんやり時間を無駄にしながら過ごしているのです。なににどれだけの時間を使ったのかを把握するためにもその日の行動を思い出しながら日記をつけてください。

例えばコンビニで立ち読みをしていた時間や、おにぎりをついうっかり買ってしまったとき、他にもたくさんの無駄を発見することがあると思います。

思い出して日記を書く時のポイントは、1分単位でタイムテーブルを作成することです。どうしても、何に何分何に何分という思い出し方をしていると、無駄なものは書かないようになります。

自分の無駄に使っていた時間がうまく把握できなくなっていしまいます。そうすることで自分の無駄時間は見える化のです。そうした後には自分の無駄を省いていく作業ができます。

読書感想文を書く

これも自分の時間を多くするためのコツです。速読ではないのですが、自分で読書したらポイントをまとめることが大事です。本というのは読んで終わりなわけでなく、そのあとに読んだことを実生活に応用できないと本の勝ちがないのです。

そうしたときに自分でつらつらと読んだ後に思い出しながら実践するのと、読んでメモしたことを見ながら実践するのでは明らかに後者の方が経験やうごき安さは違います。本の価値は読むことではなく生活に活かされることによって生まれます。

本を読んだら必ずメモを作り、そのメモに沿って行動を起こしてみましょう。

マッキー
マッキー
れっつエッセンシャル思考

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です