アイテム

菊正宗化粧水のレビュー。浸透するのは遅い、されどもちもち肌になる。使用感について

以前紹介した肌ケアについての話です。
ずぼら流肌ケア。4年間の試行錯誤の上にたどり着いた大学院生のニキビ予防策について、3種の神器を紹介
使用感や、コンセプト、コスパについて解説。

菊正宗

日本酒の酒造メーカー菊正宗が作る肌ケア用品、化粧水です。

日本酒には皮膚の水分を保持する力があり、
肌をみずみずしく整えるといわれています。
(HPより抜粋)
杜氏の手はきれいといわれているのもこういうことが由来していそうですね。

日本酒から作られており、セラミドも配合とても使いやすく作られている割に
リッチな作りになっていますね。

きっと日本酒の副産物で作るのでコストを抑えられているものかと思われます。

コストパフォーマンス

こちらの画像をご覧ください。


安さで行くと一番右のハトムギ化粧水が一番安くて、
二番目に安いのは今回紹介している菊正宗化粧水です。

くち込みを見てみるとどちらも好調で、
ではなぜ菊正宗を使っているのかというと
最初に手に取った商品が菊正宗だったからです。

マッキー
マッキー
案外安直な理由だな

というもの泊まりに行った家にあった
ものを使わせてもらったところこれが自分の肌に合ったんですね。

申し訳ありませんが、ハトムギ化粧水との比較はできないです。
今使っている菊正宗が切れたら使ってみようと思います。

しかし、500mlで700円くらいなのは安いですね。
簡単に使える気がします。
買いですね。

菊正宗化粧水の使用感

実際に使用してみてどうだったのかをお伝えしたいと思います。

ボトル

持ってみるとわかるのですが結構ビックなサイズのボトルで自分としては好感が持てます。
置き場所に困るかもしれませんが僕からしたら些細なことですね。

液体がノズルからビャーっと出てくるので、手が大きい男の人でないと
片手からこぼれ出てくるかもしれません。
ノズルを霧吹きノズルなどに切り替えて、
顔に吹き付けて使うのがベストかもしれません。

使用感

ビチャっと出た液体を、顔にぬるぬると塗ります。
顔は何ともぬるっと湿った感じになります。
そして同時に日本酒特有の酒の匂いが鼻を襲ってきます。

うわぁこれは、買う化粧水間違えたかなぁ~とかこの時は思います。
そしてしばらくはべたべたします。
完全に使う化粧水間違えた状態です。

もちもちの高保湿肌に

気になる肌の変化ですが、これがすごくもちもちになるんです。
さっきまでばちゃばちゃだったのに今はもうもちもちの高保湿肌になります。
使用感ではぼろくそに書きましたが、
結局化粧水に求めているのは
爽快感でも使用時の気持ちでもなく、
その効果なので僕からするとこの商品はきちんとしていると言えます。

肌質によるかもしれませんが、
乾燥肌の人はもっちり肌になって肌環境は改善されると思います。
肌にみずみずしさが取り戻されることで、
ニキビ予防にはぴったりですね。

乳液のタイミングには注意が必要

菊正宗化粧水の使用後乳液を塗るタイミングには注意が必要です。
なぜなら、菊正宗化粧水は蒸発するまで肌に残っているからです。

蒸発するまで待って肌がもちもちになったタイミングで
乳液を使用するのが良いでしょう。

大体10分くらいまてもいいかもしれません。
家を出る寸前に洗顔などをしてしまうと乳液を塗るタイミングを逃してしまうことがあるので注意しておきましょう。

僕はたいてい家を出るタイミングで洗顔して、
菊正宗化粧水バシャバシャして
歯を磨いて家を出ます。
大学についた後で
トイレの鏡の前で、乳液をぬりぬりするわけです。

マッキー
マッキー
それくらい時間が空いても全然もっちりはだなんですね

まとめ

今回は菊正宗の化粧水についてのレビューをしました。
日本酒から作られた化粧水で、
少しにおいや使用感に癖があるものの
効果の高さで見ても、コストの面で見ても
優秀であることが分かりました。

ぜひ、皆さんも使ってみてくださいね。

マッキー
マッキー
れっつ菊正宗化粧水

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です