ブログ作成論

ブログ作成術。浮かんでは消えるアイデアとの戦い方

ブログを書くということは難しいことではない。
しかし、そう毎日とブログの内容は思い浮かばないものである。

何を書こうかアイデアを広げたり心に思い浮かべるのは至難の業ではないのである。
今はどうやってアイデアを書き留めているのかというと、
メモする。ただこれだけだ。
しかし、なかなか侮れない。

アイデアは待ってはくれない、人間の妙

ブログ書きをしていて毎日がブログのネタとして使えるようになる。
日常のすべてがコンテンツになるのである。
しかし、ブログのアイデアにあふれているからこそのアイデアはふっと消えてしまうものである。
心に移り行くよしなしことをそこはかとなく書き作れば、
兼好法師である。

心に移り行くよしなしことを
そこはかとなく書き作れば

コンテンツとして成立していた時代はとうに過ぎました。
今は、情報の渦に飲まれる人類に
自分の文章を面白いと思ってもらえるには
とても作りこんだ文章が必要なのです。

いつでも心を書き留める術を

そこはかとなく書き綴る時代は終わりましたが、
ブログの種になるのはいつでも
僕たちの心からあふれ出る文章です。

あたまのなかにフッと浮かんでは消える、
雲のようなものを種として、
こいつを自分で明確にとらえ
水をやり育てたのちに
受けるかもしれない文章が誕生します。

種は目の前をものすごいスピードで通り過ぎてゆくものなのです。
それをしっかりと捕まえておくにはやはりすぐに記録に残すほかないのです。

マッキー
マッキー
僕のポッケにはいつもぐしゃぐしゃの紙がしのぶようになりました

そんなに浮かばねーし、と思うあなたへ

わかります。本当に思い浮かばないものです。
それゆえに僕はほとんどの時間をあーじゃないこーじゃないと考え続けるようになりました。
こんなにも誰も見に来てないブログでこんなにうんうん悩むのは結構な不思議です。

でも、毎日試行錯誤して内部リンク考えたり、
あの記事からこうやってつなげればこの記事も書けるかも、
とか考えてみたりもします。

とにかく毎日書くことからブログは始まるような気がします。

常に考え続ける癖をつける

本当によく考えるようになったと感じます。
日常のすべてがコンテンツになるのですから、

例えばコンビニで食べるおにぎりの具が気になったら
具についてのランキング記事書けますし、

海苔や米の生産値についての記事も書けます。

あなたがふっと疑問に思ったことは世の中の誰かが疑問に思っていることなのです。
ガンガン検索がかけられていることでしょう。

もう、書けない、どうしよう。
そんなこともあります。
その時は原点に立ち返って、
過去の自分におすすめできる話を書くのもありですね。

だんだんブログが日常の一部になってくる

日常の一部をブログがつかさどってくると、
あれ?何かくつもりだったっけ?
と思うことが増えてきます。

そのタイミングでポッケを見てください。

あなただけのカンニングペーパーがあるのです。
そのカンニングペーパーに従って
構成を練って
書き綴れば一つの記事が完成するのです。

アイデアはタイミングを選ばない

ここで一つ問題なのがアイデアはタイミングを選ばないことです。
僕はアルバイトは接客業ですが、
接客中に浮かんだアイデアは書き留められませんし、
シャンプー中のアイデアも書き留められません。

そのあとすぐにメモに書き記そうとしますが、
時すでに遅し、頭からは消えているのです。

なかなかいいアイデアだったはずなのに、
でも思い出せない。

なんて状況が最近増えてきました。
きっと自発的に考えている証拠なんだと思います。

こういう時にどうするのかをこれから考えていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です