サプリメント

筋トレの効果を倍増させろ。ローディング不要のクレアルカリンの魅力を紹介。

クレアルカリンはローディング不要のクレアチンなのです。

マッキー
マッキー
クレアチンもクレアルカリンも知らんがな

順番に説明していきましょう。

クレアチンとは

簡単に言うと筋肉の水分含有量を増やすものです。
決して筋肉量が爆発的に上がるものではないのです。
しかし、筋肉の持続力が増します。

筋トレ効果を左右するもの

筋トレの効果はどうやって決まるのでしょうか?
筋トレの効果を決めるものは、
どれだけ自分の筋肉を追い込んだのか、
どれだけ筋トレで出し切ったのか、
が重要になります。

つまり、自分の持てる筋肉にどれだけの無理をさせることができるのか。
が勝負となるのです。
筋肉量10の人は頑張って筋トレをして
9.99を出せるように努力するのです。

しかし、本人がその日に筋肉量のすべての能力を出し切れるのかどうかは、
その日のコンディションや特に
空腹度合い(筋肉へのエネルギー供給どあい)によってきたりすることが多いのです。
つまり、筋肉の能力をしっかり毎回出し切ることで
筋肉は確実にステップアップを期待できるのです。

マッキー
マッキー
筋トレ前から勝負は始まっているのだな

追い込みの為に使われる

さて、クレアチンは筋肉に水分を多くとりこませるものです。
それによって何が起きるのかというと、
粘りが変わるのです。

粘りとは、筋肉の持続力です。

通常筋トレで1回のトレーニングの中で
だんだんと扱える重量が
小さくなってゆくものです。

60Kg で始まった筋トレは最後は40Kgで終わったりします。

つまりおんなじ筋肉量の男性でも、
筋肉の持っている能力を限界まで発揮させることができるのです。

毎回すべてを出しきる筋肉と
毎回余力を残して終わる筋肉では

長い目で見た時に確実に差が出てくることでしょう。
クレアチンは筋肉に本気を出させる魔法の粉なのです。
(合法)

そんなに高くもないので買ってみてもよいでしょう。
しかし、一つの欠点をはらんでます。

ローディングが必要になる

ローディング期間とは何でしょう?
クレアチンは体が吸収できる量に1日に限りがあるのです。
そのせいで効果を発揮できるまでにかなりの時間がかかります。
しかし、すごい効果があります。

つまり、毎日5gずつ飲みながら
2カ月で効果を発揮できるようになります。

しかし、肝臓への負担を軽減すべく
2カ月ののち1カ月休肝の為に
アルカリンを尾田隅する必要があるのです。

このローディング期間を考慮して
クレアチンはのむ必要があるのです。

水には溶けにくい

クレアチンの弱点の一つとして水に溶けにくいということが挙げられます。
水に溶けにくいため飲みづらく、
トレーニーの間では一つの問題になるほどです。

水を口に含んで、
そのあとクレアチン入れてしまって、
ガット飲むという方法がよく採用されています。
そのあとにぐちゅぐちゅ飲みです。

クレアルカリンとは

ズバリ追い込みが不要なクレアチンなのです。
正直ほかの説明は特にありません。
僕が使っているクレアルカリンはこちらです。

ローディング不要の錠剤

すでに書きましたがクレアルカリンはローディング不要ですので、
飲んで30分で効果を発揮しますし、
錠剤ですので簡単に飲むことができます。
まさに、クレアチンの弱点を克服した進化系の追い込み錠剤なのです。

僕は筋トレの30分ほど前に2粒を飲むことで、
筋トレ時の追い込みが格段に変わります。

マッキー
マッキー
れっつとらいクレアルカリン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です