アイテム

節約術の頂点。ハードルの低いコンタクトレンズ個人輸入の勧め

コンタクトの個人輸入方法についてのブログ

皆さんコンタクトレンズはいつもどこで買っておりますでしょうか?
今日は悩めるコンタクトレンズ人間たちにおすすめの
コンタクトレンズ個人輸入についてお伝えしましょう。

マッキー
マッキー
今日ちょうど買うところだったんだ

ちなみに買った後どうなるかの記事もありますよ。

個人輸入ではない買い方

個人輸入ではない買い方というと簡単に言うと本来普通に行われているかい方です。

病院診療

必ず眼科を受信する必要があり、目の悪さを図る必要があります。
そのうえで、処方箋??をもらいそれを携えて、コンタクトレンズやさんや、
眼鏡屋さんを訪れます。
眼鏡屋さんでは最近眼科の診断書がなくても
視力検査を行ってくれて、
眼鏡を作るところも増えましたが、
コンタクトレンズはありません。

おそらくコンタクトレンズが
目に直接触れるものなので医師の診断書が必要なのかもしれませんね。

個人輸入とは?

病院を介さずに個人でコンタクトレンズを購入することを指します。
主な方法はインターネットですが、
このブログを読んでいる皆さんは
特にインターネットが使えないわけではないことだと思います。
問題なし。

買うものを把握しておかないといけない

マッキー
マッキー
ハードル高いんじゃない?

そんなに高くないです。
サイトも日本語表記ですし、特に困ったことは起きません。

一つ気を付けるべきことは、
自分でどの度数のレンズを買うのか把握しておく必要があるということです。

個人輸入を行う前に1度は個人輸入ではない方法、
つまり病院受診して町のコンタクトレンズ屋さんで
コンタクトを購入するステップを踏んで
自分の視力なり、コンタクトの度数を把握しておきましょう。

あとはブラウザで「コンタクト個人輸入」と検索するのみでコンタクトの個人輸入は行えます。

気になるお値段

まぁ、格別に安い。
その理由は仲介を省くという何とも簡単な理由にあります。
個人輸入といわれる所以でもあります。

町のコンタクトレンズ屋さんを通さないことで、
その仲介料や人件費その他諸々を省けるのです。

もう、3年間もコンタクトは個人輸入しているので
その差額は忘れましたが安いは安いのです。


1month6個入りでこの値段ですので
両目3か月分でこの値段。
1か月分ならこの3分の1してください。

僕が個人輸入を決意したのは
町のコンタクトレンズ屋さんで
しつこくしつこくレンズ液のセールスを受けて
買わされたからです。

お金がない時期だったし、
なによりしょうもない商品だったので
未だに遣われないままのあの液体がうちにはあります。

僕は町のコンタクトレンズ屋との決別を決意したのです。
これは戒めとして取ってあります。

より安く生きるために

より安く生きるためには、激安品を買うという選択肢のほかにも、
同じものでも買う場所を変えたり、期間を延ばすという考え方もできます。

期間を延ばすという選択肢

実はコンタクトレンズ1dayと2weeksだけじゃあなくて1monthもあるのです。
お店では聞いたことがないでしょう。
しかも商品的に何が違うのかはわかりませんが、
1箱の値段はどれも変わらないのです。

つまり期間の長いコンタクトレンズを使用するだけで
それだけコンタクトのコストパフォーマンスは上がります。

僕は大体1monthしか使わないのです。

安すぎるものを選ばない

個人輸入のサイトに行くとその安さに圧倒されますが
まずは自身が今使っているものを
輸入しましょう。

やはり安すぎると何かしらの問題が発生する可能性が大きいです。

僕は、安すぎるコンタクトレンズで失敗したエピソードを紹介します。

とっても安コンタクトがあったので飛びつくと、
そいつはパッケージがとても空きづらい商品だったのです。

空きづらいため自然パッケージを開ける力が入りすぎ
そのまま爪でコンタクトレンズを破いてしまう。
みたいなことが起きたのです。

せっかく安いのにパッケージごとコンタクトを無駄にしていては意味がありません。

ちなみにコンタクトレンズ自体の作りは悪くなく
問題なく使用することができます。

安いのにはどこかしらに落とし穴があるので注意しましょう。

コンタクトレンズは原価はほぼタダだといわれています。
素材代くらいしか差はないでしょう。

失敗したコンタクトレンズを載せておきます。


これですね。
1month6個入りで1000円程度ですので。
両目3か月分で1000円
1カ月333円の計算ですが、こいつは安すぎましたので注意が必要です。

手術をするという選択肢

個人輸入よりも安く済む方法は実は存在します。
それは最初に大きなお金を払って
レーシック手術をするという選択肢です。

うまくいけばコンタクトレンズの必要はなくなり、
生涯のコンタクトレンズ費用はゼロになるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です