就活

ヘタレ大学生流、就活術

これは、「のほほんと生きていきたい」「気づいたら就活が完了していた」「とにかくホワイトが良い」等の本音を持つ、ヘタレ同志諸君に向けたエントリイである。難易度は人によるであろうし、クリアすべき条件は多い。かくいう僕も気づいたらこういう風に就活が終わっていたという具合の話である。
ちなみにエントリー数でいうと1で内定をいただいた会社は1であった。
でも僕自身こういう就活の終わり方でよいのかずいぶん悩んだし、その1社に出すまでには、たくさんの企業でインターンを経験してきていた。
完全に楽したいと思うだけならばこのやり方に振り切ってもよろしいものと
思われる。ただし、理系のことしかわからず。
対象は高校生~研究室配属位に使えるものとする。
*メーカー系技術職に使う手法です。

大学研究室のコネを使う

要はこれだけのシンプルな戦法だ。しかし、故に初期条件でのパワーがものをいうし一般に良い大学といわれているところにはよいコネクションが集まっている。一つ注意点があるとすれば、理系であること。これは一つ重要な要素となる。文系では企業とのかかわりが薄いようなところがおおい(傾向にあると思われる)。これは純粋に企業に頼らずとも研究を行えるという文系の良い点でもあるはずだが、就活においてはコネがあるほうがよろしい。
さて、皆さん入りたい企業はすでにあるだろうか?

して、その方法は?

単純明快。教授に聞くか、学務部に大体推薦資料が送られてきている。
それらの中から受けたい企業を探し出して、先生に直訴だ。
推薦は受かると断ることができないことが多い(倫理的に、法的拘束力はない)。
ライバルがいた場合、成績や面接などで振り落とされる。

研究室選びに際して

コネを使うといった以上コネの質にはこだわって動くべきだ。
そこで、入りたい会社があるのであればその会社と研究を行っている研究室、もしくは先輩を多く該当会社に排出している研究室を選ぶといい。
たいていの場合、先生宛に枠が毎年付与されて推薦というお墨付きが与えられる。
一般の生徒とは別ルートの選考手順が踏まれるわけだ。
その手順や日程、難易度については会社によりけりだが
たいてい一般選考より早く行われる。
「そんな研究室見つからないよう」みたいな弱音を吐く学生に
教えてあげよう。
研究室訪問だ。回って回って聞きまくれ。
行動して実際の情報を洗い出すんだ。

twitter使ってもいいし、サークルの先輩使ってもいいし、
授業後に教授に話を聞きに行ってもいい(あくまで研究に興味あるという姿勢で)。使えるものは全部使って判断材料を洗い出そう。
楽に就活を終えるための努力は惜しむな。

ひとつ注意点がある

教授だけの話を聞かないこと。研究室も人気勝負なところがある。
教授も生徒の人気はより多くほしい。
教授も教授で人間だから、正直な人、そうでない人。
入り混じる。
入ってみたらブラック研究室だった、なんてのはよく聞く話。
だから、自分とは利害関係のない研究室に在籍されている諸先輩方の話を伺え。
彼らは善意の第三者とみなしてよいだろう。
先輩方がコネを使ってどこに行くのか、コネが使えない人はどこに行くのか。
等々聞くことにより研究室の大体のことはわかるはず。
つまり同じ会社にコネがある研究室でも
研究室にいるライバルの数、
その会社への行きやすさ、
研究室生活自体の難易度、が違う。
よく見極めよう。

大学、学部選びは

言うまでもないが高校生の皆さん、志望企業は決まっているだろうか?
決まってないようであれば志望学部は工学部一択だ。
日本にある企業数に占めるメーカーの割合を調べてみてほしい(四季報でいいかな?)
これまた、就職を早く決める1点においては工学部の1択だ。
就活をしていて、工学部の恵まれた環境に開いた口が塞がらないことが多くあった。今なら迷いなく工学部(簡単に卒業ができる学科)を選んで進みなおす。
企業数が多いがゆえに、
コネクションの恩恵にあずかれる確率も断然に高いのである。

さて、大学だ。これは少し難しい。
一般に学力が高ければ高いだけの大学に入るのがよしとされる。
しかし、自動車部品系の会社などであれば名古屋大学のほうが
むしろ京都大学よりも有利なことさえある(実際には知らん)。

これは本当にコネクションのなせる業で
その会社のおひざ元といわれるような大学にはありうる。

まぁ、しかし偏差値の高い大学の工学部に進んでおけば間違いないとは思う。

最後に

この方法を読んで使うかどうかは自分の自由だし、
働くということをいろんな観点から見て自分の入る会社は選んでほしいと思う。

後悔の内容に行動してほしい。