サプリメント

【書籍】クリエイターのための健康栄養術

マッキー
マッキー
~デスクワークで疲れている人へ~
こんなサブタイトルで始まったこの本、いったい何が書かれているのだろう?
レッツトライ

美大出身の針灸師が栄養術を教えます

著者は美大出身とのこと、
美術大学の修士課程と針灸の専門学校も卒業されている。
イシカワミチコという方で「みつばち鍼灸院」を営んでいるとのこと。
さらに二児の母。
とにかくクリエイターの為の栄養術が書いてあるとのこと。
気になるやんけ。。。

著者の体験をもとに書かれております

毎日育児でヘロヘロだった筆者がたんぱく質とビタミンで元気を取り戻した。
(本文抜粋)
それからイシカワさんは分子栄養学の勉強を始めました。
その中でも初歩の初歩をこの本では学ぶことができます。

根底に流れるメガビタミンという考え方

それは十分な量の不足したビタミンをとって
体を正常な状態に戻すというもの。
そもそも野生の人間からすると現代社会はとても
変わった様相になっています。
この社会では
十分すぎる栄養素(主に日本では炭水化物)と
不足する栄養素(たんぱく質やビタミン)があります。
さらに人によってそれぞれ必要十分量の栄養素は違います。
それらをカラダとの対話を通じて
補っていこうというのが
本書の基本的な考え方になります

ライトに読める辞書みたいな一冊

この本をぱらぱらと読んだときに、
使うなら辞書みたいに使うかなーと思いました。
最初に栄養についての基本的な考え方を示した後に、
症状別に
カラダ編
ココロ編
サプリメント編

と続きます。自分で暮らしていきながら症状に合わせて
何が不足しているのかを都度教えていただける作りになっております。
そのため、kindleよりも紙媒体での所有をお勧めします。

カラダ編

デスクワークやパソコンの使い過ぎ、
その他座りっぱなしで起こるたくさんの症状別に
足りない栄養素、ビタミンについて教えてくれます。

ココロ編

イライラやアイデアの欠乏、
貧乏ゆすりに至るまでまたまた
たくさんの症状に対しての不足栄養素を教えてくれます。

サプリメント編

この編では逆引きが行えます。
栄養素から見る考え方です。
ビタミンAなら~
ビタミンEなら~
みたいなことが記されています。

さらにおすすめなのが
プロテインの紹介と、iHerbの紹介です。
僕は今この2つを常用していますが、
この2つの会社にたどり着くまでに相当の検索労力がかかりました。
この2社を知らない方はそれだけでかなりの経費が抑えられると思います。
なんたって日本の会社はビタミンにしても、
プロテインにしても割高ですからね。
(ビール酵母だけは日本で買うなぁ)

クリエイターのための?

正直に申しますと現代社会で疲れを感じている人に読んでほしい1冊でした。
GABAとかいうチョコレートを

購入したことあるそこのあなたはこっち読んで
メガビタミンしたほうがいい気がしました。

以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です