ライフハック

毎年未達で終わる人必見。達成できる新年の抱負、目標の立て方!

もう年の瀬です。新年を迎えるにあたって皆さん新年の抱負や目標を立てることだと思います。しかし、今年当てた目標を覚えているでしょうか?今年の当初に立てた目標を空で言えますか?そしてその目標は今年が終わるまでに達成しているでしょうか?

おそらく多くの人が目標未達か、覚えていないかだと思います。僕もそんな一人です。でも、せっかく新年の抱負を立てるのだから忘れずに達成したいですよね?そんな方に向けて今回は目標を達成できるために出来ることを考えてきました。

これは自分に向けた記事でもあります。ぜひこの記事を参考にして、来年こそは一緒に目標を達成しましょう。

ポイントは3点あると思います。

  1. 目標を覚えておくこと
  2. 細分化すること
  3. 覚悟すること

です。それではいってみましょう。

目標を紙に書く、常に見えるようにしておく

まず一番目標達成に大事なのは目標を覚えておくことです。忘れてしまっては、達成もくそもありません。去年の目標を言えるのはおそらく一握りもいないでしょう。

覚えておいてこその目標達成であることを肝に銘じてください。ゴールを見失ったレースは混乱を極めます。必ず目標は紙に書くこと、そして目に見える場所にいつも置いておきましょう。

目に見えるところに置いておいて毎日見ていれば意識の中にだんだんと浸透していきます。それはあなたを少しずつ洗脳していくといってもいいでしょう。

忘れないように定期的に見ておくことで1年を通して目標はあなたに刷り込まれていき、きっと来年には達成できなかったにしても目標自体は覚えているはずです。

この時点でやっと目標達成の1歩目を踏み出した状態です。まさに【初めの1歩】ですね。

細分化して初めてわかる、
実現可能な目標なのか

次は目標設定自体があっているのかを考えていきたいと思います。それを判断するには、目標の細分化が必要不可欠になります。大目標が決まったらそれを細部化してみて、途中経過の目標も必ず定めてください。

新年1発目の目標設定ですが、うまくいかない場合は必ず目標が大きすぎて現実味を帯びていないことがよくあります。

例えば、目標が1200万円貯金だとします。(すでにでかすぎる)。大きい数字ですがいまいち実感がわきません。1年後だとできないかどうかも少し判断がつきません。その場合、1年後の元日に貯金通帳が1200万円あることがゴールですね?そこから逆算しましょう。

半分の半年後が600万、さらに半分の3か月後が300万円の貯金です。細かく考えると、1か月後は100万円たまっていないといけません。今月の待つには100万円貯金です。

10日で33万円を用意できなくてはなりません。1日3.3万円貯金です。いけるでしょうか?それは人によるはずです。

なんとなく期限が遠いと、未来の自分に期待しすぎて行けちゃうような気がしますが、明日の自分や1週間後の自分少し先の自分が達成する細かな達成目標を考えることで、その目標は現実味を帯びてきます。

勿論細分化できない目標もあるでしょうが、できるだけ近しい目標にしてみて現実味を判断してみてください。

達成目標→続ける目標に変える

達成する目標をいっそのこと毎日の日課にしてしまう方が簡単なこともあります。先ほどの極端な例にあるように、1200万円貯金=毎日3.3万円貯金です。

それを1年間継続するという考え方もできます。細かく区切って締め切りをたくさん設けることで、長く緩くマイルドに続けることができます。大きなk¥目標に向かって突き進む方が好きなのかそれとも、継続系の目標のほ鵜が好きなのかは人によることも多いでしょう。

結局最後は覚悟の違い

覚悟の違いが目標達成できるかどうかを分ける気がします。最後の最後はやる気の有無にかかわります。不慮の事故や現実にはうまくいかないことも炊くさなるでしょうが、覚悟した人は本当にやります。

お正月気分に乗せられてついつい思ってもいないことで目標を立ててしまい、親戚にドン!と発表してしまう人もいるでしょうが、それはあまりお勧めしません。

人に見られるために立てた目標は真に心から出ていない可能性が高いからです。一方で言った以上はやる!といった男気溢れる人には、プラスに働くこともあるでしょう。でも、多くの場合は1年後には忘れてしまっています。

親戚に高らかに宣言したりするとあまりいいことはないのでやめた方がよいでしょう。でも、宣言したものは必ず達成しないと、あなたの信頼の問題になります。

まとめ

以上【新年の目標の立て方】をまとめてみると、一人で目標を立てること(宣言はお勧めしない)。目標を細分化しておいて、目につくところに紙に書いておく。となります。お金がかかる方法ではないのでどなたでもできることです。

来年は一緒に目標を達成しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です