オナ禁

オナ禁と筋トレとプロテイン、そして休養。筋肉成長に必要な要素

この記事はオナ禁と筋トレの関係性について書いてある記事です。

僕はやる事が無くて気づくと自分の息子を触っていることが良くあります。でも、そんなことすると筋肉をつけるにはよくないよっていう話をします。筋肉成長に必要な物は皆さんなんだと思いますか?

筋トレを思い浮かべる人がいると思いますが、それでは足りないのです。筋肉には、

  1. プロテイン
  2. 筋トレ
  3. 休養
  4. そして最後にオナ禁
  5. がいるのです。まずは順番前後しますが意外なオナ禁から説明しようと思います。

    オナ禁と筋トレ

    オナ禁についてどれだけ普及しているかはわかりませんが、テストステロンの問題になります。

    テストステロンは男の睾丸で作成されるホルモンで、男らしさホルモンともいえます。男の男くささをつかさどり、これが多いと若くして剥げている人も多いとか…
    男の人の体つきが女の人よりも筋肉質なのはテストステロンの分泌量が純粋に多いからと言われております。

    つまり、テストステロンの量が体に多く存在しているときほど、筋トレの効果は表れやすいというのです。

    オナニーを行うとテストステロンはその後一瞬たくさん分泌されます。そのあと分泌前よりも少ない量になるのです。つまり、この状態で筋トレをしても効果が得られにくいということです。

    テストステロンは筋肉を作る体のモチベーションみたいなものです。筋肉を橋に見立てたとき、その橋を作ってくれる土方の人たちのモチベーションがテストステロンに当たります。モチベーションが高いとよりいい橋が、モチベーションが低いと橋の完成度は低くなってしまいます。納期も遅くなってしまうかもしれません。

    筋トレをするのであれば、オナニーを十分に禁止した後、体にテストステロンを充満させて満を持して行うことが大事だということです。

    プロテインと筋トレ

    次にプロテインと筋トレの関係です。先ほどのオナニーと筋トレの関係はいわばホルモンの観点から筋トレを切り取った話でした。今度はもっとわかりやすく、栄養の話になります。

    プロテインは筋肉の材料になります。傷ついた筋肉を修復するのに使います。いわば筋肉の建材です。

    建材の少ない状態で壊れた橋の再建を行うとどうなるかというと次に建てる橋は細くなってしまいます。壊れた後でもっと太い橋でないといけないのが分かっている状態なのに、建材が少ないせいで細い橋しかできないのです。

    それに建材が足りていないのでいつまでも橋は完成しません。

    プロテインを飲まないと筋トレを行っているのに、いつまでたっても筋肉は太くならず、筋肉痛は治らない状態が続いてしまうのです。必ずプロテインも飲んで、筋肉再建しましょう。

    筋トレ

    しっかりと筋トレをしましょう。筋肉をきちんと追い込んで壊してあげないと次に大きな筋肉はできません。今できうる限りの一番大きな負荷をかけることで最大限筋肉を追い込みましょう。

    橋を再建する際には、その橋を襲った災害レベルを見ます。今回の災害はそこまで大きなものでなければ、次に建てる橋もそこまで太くなくてもいいかもしれません。大きな災害であればあるほど次に建てられる橋の太さは大きくなっていくのです。

    必ず、限界まで筋肉を壊してあげましょう。

    休養

    最後は必ず休養を与えましょう。

    橋を治すために直すための時間が必要です。直している最中に、もう一度災害が来てしまうと直しているほうもうんざりです。途中まで直したのにさらに災害が来るのですから。

    前の橋よりも太くなる前に災害が来ると橋は一生細いままです。

    必ず、十分な休養を取り、筋肉が太くなるための時間を取ってあげてください。

    まとめ

    筋肉をつけるにはオナ禁、プロテイン、筋トレ、休養のどれも欠かせません。自分の筋肉を橋に見立てて、破壊と再建を永遠に繰り返すことで、自分の筋肉を強く太くしていきましょう。

    マッキー
    マッキー
    れっつオナ禁&プロテイン、筋トレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です